全くの素人がゲーム実況動画制作に挑戦してみる 1(導入編)

「こんにちわ皆さま! 最近vtuberの動画を見ていますか? 本日はついに念願のねうちゃんが復活し、動画をひっさげて帰ってまいりました!! ハイクオリティな動画を見るとワクワクするのは、今も昔も変わりません」

さて、今回は表題の通り。私、時折が、ゲーム実況動画を1つ。作り上げていこうというお話です。何でそんなことをするのかというと……

動画制作の苦労を知ってみたい。

ってのが根底にあります。恐らく私一人だと、軽い気持ちで動画なんて、しかも声が世界中に流布される実況動画なんて作れません。

思い立った理由は、最近私が生放送に対して「時間がないんだよなあ」とか思っているところから始まります。

「おまえはやってもいないのに、動画の大変さも知らないのに、注文ばっかりつけるのか? ほならね。君がvtuberさんの大変さを1mmでも理解してみろや」

という自分の深海に潜むどす黒い心がくれた忠言。

ソーデス、ソーデス。vtuberのことを知るには動画ですよ。でも私はそんな物理演算もFTDも歌唱力もない。売りと言えばノーマルを1700戦と、ランク戦200回こなしたLOLしかないじゃない!!

ということで、先日物凄く好成績をあげた試合があったので、それを素材に調理していこうと思います。思っただけなのですが、頓挫せずにやっていきたいなーって思います。

「だが一つ言っておく。私は動画作成経験は0だ。正直何をどうすればいいのかさえ分からないズブの素人。……しかし、こんな動画を見て思った。やはりドゥイットの精神なんだ!!」

20時間……明後日から私は休日に入る。そこを投資としてやってみるか……いや、どうしようか。だって休みにはやりたいことある。LOLもやりたいし、ファイ祭りも見たい。突貫工事ではなくゆるりとやっていきます。

で。ここで終わるとまた自分に甘えてしまうので、動画編集ソフトを探してみる。

「ノリと勢いで強強パソコンにしたから、どんなソフトでも行けるんだよね」

調べてみたらなんと……YouTube動画エディタというものがあった!!

がっ、駄目ッ!!! 去年廃止されていた!!!!

Filmora(Windows版) これも、無料版だと文字の透かしが入る……。

「windowsムービーメーカーも死んどったんかいワレェ!!?」

そして色々見ている中……

AviUtl(エーブイアイ・ユーティーエル)という動画編集ソフトを発見。

「初心者には厳しいインターフェース……しかし高機能フリーソフト……」

どうせ今はピカピカの1年生。ならこれ、やってみよう。20時間以上っかかってもいいからやってみよう。何も知らずに名門私立小学生になった気持ちで!!

サポートページ的なものもあるから、これを見て勉強やな……。

以下、サイトにあったQ&A内の抜粋

・努力すれば誰でも使いこなせます。「努力なしで使いこなしたい」と思ってるなら止めといた方が良いです。

・Windowsムービーメーカーの出来る事を「レベル1」とすると、AviUtlは「レベル100」くらい。

・CPUとメモリさえ良いの積んでおけばサクサク動きます。

カットとか基本的な事だけなら1~7日くらい。実況動画とかなら1~2週間くらい。PV・MAD動画なら2週間~3ヶ月くらい。モーショングラフィックスな動画なら3ヶ月~12ヶ月くらい。全ての機能を使いこなしたいなら1年以上掛かるかと。(もちろん個人差はあります)

・ゆっくり実況動画を作りたいならAviUtl一択です。

一日やそこらでAviUtlの全てを理解しようなんて絶対に無理です。

「俺は、とんでもなく大変な分野に足を突っ込もうとしている気がする!」

とりあえず指示通りに、ダウンロード。

拡張子はたぶんそろってるだろうしいいや。

とりあえず30分はかかったな……20時間はまあ、出来ればですね!!

こんかいはここまで。次回はどうなるかわからん、全然わからん!

シェアする

フォローする