キズナアイ杯本選出場1人目 サカナユキ

 

【さぁて、今回のVtuberさんは?】

時折です。キズナアイ杯の勝利でバズっている方々も多いようですが、

その中でも知らない方とかあると思うのですね。ですので、キズナアイちゃんのツイート順に様々な人を紹介していこうって思っています。色々大変でしょう! さて次回は

「サカナユキ1位通過」

「メイカちゃんが警戒する人」

「真の自己紹介はマリカーで」の3本ですぅ!

チャンネル登録してみてくださいねー! じゃんけん・ぽん!

 

自己紹介動画から漂う日曜日夜6時30分の雰囲気

「今すぐ裸足で駆けて、陽気に捌きに行きたい気分に駆られるな」

というわけで、今回はサカナユキさん!

マリカーでは相当のウデマエを持ち、メイカちゃんが「優勝候補」と言う程の逸材。
参照:【キズナアイ杯】グループF メイカ視点(1:22:28)

 

で、そんな彼のことを少しずつ紐解いていきましょう。

 

サカナユキ:バーチャル半漁貝

お父さんが魚、お母さんが貝。

「生態系の縮図が壊れるなあ!? どうやって子供産んだんだそれ!?」

「落ち着け。これはバーチャル(仮想現実)だ。何が起きたって不思議じゃないだろう?」

(なお、この設定がどこまで活かされているのかまでは謎なので、海よりも深く考える必要はないです)

他にも、

・地上侵略する理由は某イカのお姉さん。

・波の化身がお爺さん

・玉手箱の煙をキメることで年を取ったボイス変化(自己紹介動画だと【2:45】【3:00】【3:20】で段階的に変化)。ただし、効果時間はランダム。

・動画の最後に当然のごとく捻じ込まれたじゃんけん(一回怒られろwww)

 

「あと、とある人物の物真似動画も上がってたから見たけど、個人的にはあまり似てないと思いました。皆さんの判断を求めます(動画再生をして)」

「流行りの曲とか色々ある中何故あの選曲なのかマジの謎」

 

 

はい。どこかでみたような兎と、どこかで見たようなたぬきなの。サムネイルには映っていないけど、おばあちゃんもいるの。

「マジで一回怒られたほうがいいんじゃないかこいつ?(EDソングを聞きながら)」

割とほのぼのと見ることが出来るから今回は許したげて…。

ちなみにカチカチの森とあるように、元ネタと似ているようで展開もオチも違います。何故自己紹介動画ではなくこっちを動画はりしたかというと、最初から最後まで落ち着いてみることが出来たからですね。

 

これ以外ですと、最近話題のオクトパストラベラーを遊ぶ長時間動画もありますので、興味があればどうぞ見て見ましょう。(ネタバレ怖いので私は見ませんが)

各キャラや一般モブキャラにも声をあてまくっています。

 

 

 

で!!

キズナアイ杯予選ですよ!!

「これまでの動画全部足しても届かないくらい圧倒的な再生数を誇っているな……」

私みたいに試合生配信会場を求めて彷徨っていた人が多く流入した印象。

彼らは幸運だ。

並みいる方々をごぼう抜きにする彼の実力を見ることが出来たのだから。

(時折はこのときイコツさんの生放送で見ていました)

 

「本番始まったら急激にコメント伸びるのリアルやわー」

「本人も、【普段生放送しても1桁しか視聴者がいない、コメントは1人しかしていない】と言ってたしな。それが昨日は数百人だ……滅茶苦茶緊張したと思う」

だからか全く鱈ボイスはなく、むしろかなりいい声で進行している。

んでもってこれまでの動画の中に、
マリカー関連が一切ないのが彼の実力を不明瞭なものにしていた。

 

・「キノコの使いどころがあまりないんですよねこのステージ」

というセリフが飛び出すあたり、全てのコースの地形などを把握しているのがうかがえます。

 

・「赤甲羅手に入れたけど最初にヘイト貯めたくないなあ」

と言って温存する程度には、アイテムにそこまで頼っていない。一番最初にこれ使うという選択肢を普通に放棄できる辺り、ただものじゃないです。

 

というか素の声が物凄くいい感じじゃないかと……聞き取りやすくていいじゃないかと。

「必死で頑張った後の声いいよな。色々と伝わってくるものがある」

そして語られる、「この姿は出オチ」発言からの、経緯外見や、そして自分の抱いていた夢の話などなど。かなり等身大で、応援したくなります。実質自己紹介ですね。

 

「バズったなあ!!?」

「良いな。破れた夢を繋いでいくには持って来いの船出だ」

優勝したらどれだけ増えるのか。そして彼の動画方針とかもどう変わっていくのか、今後に色々期待がかかっていますね! 新しい自己紹介もどうなるのか気になりますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です