キズナアイ杯本選出場3人目 全能少女クオリア

全能というと思いだすのは、万能(イルダーナフ)ってやつなんですけど、知っている人どれくらいいるかは謎の謎。

「というわけで、今回紹介するのは、全能と冠した少女、全能少女クオリアちゃんです!」

「具体的に何をする人なんだこの方は?」

あ。いうの忘れてたけど、この子はAIだよ。

 

「……は? なに言ってんだ? 天才AI(自称)とかそういう類だろ? もしくはお蔵入りになった魔王型AIとか」

魔王型AIについてはもう言ってやるな!? いいか、絶対に言うなよ!? 魔王型AIとか絶対に言うなよ!?

 

どのへんがAI?

 

再生してもらえばわかると思うけど、こういう意味でAI。

「ガチでAI使ってるのか!? しかもこれは、ディープラーニング!!?」

ディープラーニングについては本人解説動画もありますが、
こちらかなり上級者向けで、パッと見た感じわからない人もいると思います。

 

なので、予備知識として知っておきたいなーって時は、
別の個人vtuber「みみんく」さんの方で、ディープラーニングを解説している動画もありますので、併せてみるとディープラーニングの凄みがわかると思います。

 

全能少女クオリアちゃんがAIと言えるのは、ひとえにこのディープラーニングによる0からの学習にあります。

(なお、生放送とかはちょいと違う趣になるのはご愛敬)

生放送音声もAIだったらもうvtuberではない方面で頑張ったほうがええよ…。

 

 

人工知能は大変です

そのAI使ってのvtuber活動なのですが……とにかく精度の高い形にもっていくのが相当大変なのです。クオリアちゃんの今の顔は、第一弾、二弾とを経て完成した逸品なのですが……

 

「第一弾は瞼が異様にくしゃっとなるし、第二弾はもはや混沌とした面出しなあ。ディープラーニングさせるってのは相当難しいもんだ」

更には将棋とか、バッハとか、イラストとか、いろんなものに挑戦しています。この挑戦によってどういう成果が出たかは動画を見てもらえれば分かります。

「まあ、素人から見たら何が起きているのかわからないことだらけだからさ。『何だか凄いことしているぞ!』という気軽な気持ちで見るのが一番だな」

いずれはマリオカートなんかも最適なことが出来るようになっていくのだろう。そう、ディープラーニングならね。

 

というわけで、クオリアちゃんの紹介でございました! AI故性格などをうかがうことが出来ないのもまた機械的魅力なり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です